新千歳空港からススキノへの移動はバスが最適!乗り換えなし、電車より安い

新千歳空港からススキノへの移動はバスが最適!乗り換えなし、電車より安い
新千歳空港からススキノへなるべく楽に行けないかな?
新千歳空港からススキノへ行くのはバスが最適!

電車でも行けますが、バスの方がとにかく楽だし、安いんです!

札幌駅に行きたい場合は、電車1本で乗り換えなしで行けますから事情が変わります。しかし、空港からススキノへ直接向かうのであれば、バスが圧倒的にオススメ!

空港連絡バスが最適な理由

ANAの飛行機に乗って、北海道の新千歳空港へ行き、ススキノのホテルに宿泊することになりました。

新千歳空港から、泊まるホテルのあるススキノへ真っ先に向かいたい。

ということで、新千歳空港からススキノへ行く方法を調べました。圧倒的にバス!ということで紹介します。

バスの運賃は、バスで片道1,100円、往復2,100円です。電車で行く場合の運賃は、片道1,360円、往復2,720円

電車とバスの運賃を比べてみます。

交通 片道運賃 往復運賃
電車 1,360円 2,720円
バス 1,100円 2,100円
電車との差額 260円 620円
片道でも260円、往復だと620円も安くなります。

次に所要時間を比べてみます。

交通 時間
電車 60分
バス 70分
電車との差 10分
電車より10分長くなります。

しかし、駅構内の移動や乗り換えをする時間を考えると、10分の差はないようなものです。乗り換えで迷う心配もいりません!

新千歳空港の到着ロビーから、バスのチケット売り場やバス停のアクセスの良さ、場所のわかりやすさは素晴らしい。

バスに乗車した感想

実際にひとり旅で、空港連絡バスに乗車してみて快適でした。その様子をお伝えします。

羽田空港から新千歳空港へやって来ました。

受託手荷物はなしで、機内持ち込み荷物のバックパック(キャビンゼロ28L)1つのため、空港の到着ロビーまですぐに出ます。

ANAの到着ロビーを出てすぐに斜め右手にバスのチケット売り場が見えます。

バスのチケットは自動販売機でも買えますが、窓口でも買えます。

窓口でススキノ往復チケット、2100円を買いました。

リムジンバス往復チケット

22番のバス乗り場と案内され、チケット売り場のそばに出入り口から外に出ます。すると出てすぐ左手にもう22番乗り場を発見!

しかし、寒すぎて到着ロビーまで戻ります。日本列島もやっと寒波が到来していますからね。

出入り口は透明なので、ロビーの中からバスの到着を待ちます。

定刻の5分ほど前にバスが現れたため、バス乗り場へ向かいます。

ANAの到着ロビー前の停留所が最初にバスに乗れる場所です。JALで着いた場合も、ANAの到着ロビーに移動しちゃった方が気が楽です。

大きな荷物がある場合は、トランクへ預けられます。私はバックパックだけなので、預けなしで運転席の側の入り口から、すぐにバス車内へ入ります。

バスの座席

2席ずつペアになっているタイプの座席です。

バスは、ANA→JAL→国際線の順で乗客を乗せてから、札幌市内方面へ走り出します。
国際線まで乗客を乗せても、バスは70%ほど空席の状態のガラガラです。

札幌雪まつりの期間中ですが、ガラガラ。きっとコロナウイルス騒ぎの影響でしょう。実際に乗客のほとんどは日本人。

道中は、渋滞もまったく起きていません。スムーズに進みます。

雪が散らつく中、ススキノへ到着。チケットは降りるときに回収されますので、停留所が近づいてきたらチケットを準備しておきます。

停留所名は「南3条すすきの」です。

バスの詳しいルートは、PDFのパンフレット新千歳空港連絡バス(札幌→新千歳)時刻表にあります。

パンフレットは、なかなか字が小さくごちゃっとしていて見えづらいです。

南3条すすきの」停留所から近く、徒歩1分ほどの所にススキノで有名なスープカレーのお店「スープカレーGARAKU」があります。ここに寄り、お腹を満たします。

富良野豚のスープカレーは美味しかったです!揚げてある野菜がとても良かったです。

プレーンラッシーは正直、頼まなくて良かった。とにかく、スープカレーが美味しかったです!

空港連絡バスのメリット

  • 乗り換えが不要
  • 席に座れて楽ちん
  • 乗り降りがスムーズ
  • お値段がリーズナブル

ススキノへ直接行くバスですからね。電車と違って乗り換えがないのはもちろん楽です!

空港連絡バスのデメリット

  • 渋滞による遅れの可能性

バスや車だと、どうしても道路状況の影響を受けます。渋滞してしまうと、大幅に時間が狂ってしまうこともありますね。

今回は、雪まつりの時期に空いていて意外でしたが、ゴールデンウィークやお盆休みなどの混雑する時期は、遅れる可能性も考えておきましょう。

女ひとり旅に役立つメニュー