メルボルンのお洒落カフェHumble Rays(ハンブル レイズ)でランチ

Humble Rays Melb(ハンブル レイズ)

メルボルンと言えばカフェ。メルボルンのお洒落な人気カフェ「Humble Rays(ハンブル レイズ)」は、シティの北側Carlton(カールトン)エリアにあります。

Humble Raysに行った感想も含めて紹介します。

Humble Raysへ訪問

平日14時ごろという中途半端な時間に訪れたら、店内は満席の寸前でしたがすぐに入店。

13時ごろは行列ができていたため時間をずらしてきたんです。ハンブル レイズは行列必至の人気カフェ。

Humble Rays店舗前

ハンブルレイズの外。雨が降り出しそうな曇り空だったからか、この日は外の席は使われていません。

Humble Raysロゴ

ハンブルレイズのロゴ。エメラルドグリーンにホワイトカラーが映えますね。

Humble Raysのウェイティング

ここが行列の並び始めの場所です。列はできていなかったため、この前に立って店内を見渡していると、すぐに席に店員さんに案内してもらいます。

店内の様子

Stay hungry, be humble

壁の1面がパステルなエメラルドグリーンカラー一色。

真ん中に「Stay hungry, be humble」グーグル翻訳すると「お腹を空かせ、謙虚に」と、ユニークなモットー。

Humble Rays天井

他の壁は真っ白。天井の配管すらお洒落でステキ。天井のシーリングファンが好き。

グリーンのナチュラルなアクセントも良いです。

店内・客

チェアにも使われているパステルカラーの青とグリーンが美しい。

ランチとカフェ

サーモン

サーモンソテーのワンプレートランチを注文。

でてきた料理のあまりの美しさに驚きが隠せません。緑の野菜はスティックセニョール(ブロッコリーニ)、日本ではあまり見かけない珍しい野菜、実は日本で開発された野菜。見た目も良く栄養価も高くすばらしいんです。

サーモンとテーブル

スーパーフードのキヌアたちの上にサーモンや野菜が盛り付けられています。ボリュームも十分。

きゅうりがクルクルしていたり、ソースがグラデーションを描いたようにお皿に塗られていたり、芸術的な盛り付けにテンション上がります。

フラットホワイト

オーストラリアと言えばフラットホワイト。口当たり優しいミルクたっぷりのカプチーノといったイメージのコーヒーメニュー。

カプチーノのようにラテアートが施され、とってもかわいいんです。この日はハートのアート。
メルボルンのカフェに行ったらフラットホワイトがおすすめ!

SNS口コミ

見た目が華やかなハンブルレイズの料理はInstagramにもたくさんシェアされています。
https://www.instagram.com/p/B0amVKAgNOl/?igshid=1ruhm4jz35xpm

デザート盛ってますね。想像以上です。実物を見てみたかったけど、どうがんばってもひとりじゃ食べ切れない。

https://www.instagram.com/p/BzHlYcjJkuZ/?utm_source=ig_web_copy_link

パンケーキやわたあめが乗ったフレンチトーストなどの朝食メニューは、こんなにフルーツや花びらが散りばめられています。なんてかわいいんだろう。

Humble Rays 概要

ハンブルレイズの場所や基本情報です。

地図

住所:71 Bouverie St, Carlton VIC 3053

Googleマップでみる

メルボルン最大のマーケットとして有名なクイーンビクトリアマーケット前のトラムストップから、徒歩5分。

無料トラムゾーン内からアクセスできて、気軽に立ち寄れる好立地カフェです。

営業時間

月~日 8:00-16:00

公式サイト

HUMBLERAYS.COM

オーストラリアの絶景ベスト5
絶景好きがオーストラリアで本当に感動した壮大な絶景!ベスト5旅の1番の目的は絶景!という私がオーストラリア12週間の旅を終えて、オーストラリアで行って良かった、見てよかった本当に感動した絶景ベスト5を写真つきで紹介します。観光スポットを巡りながら暮らすように旅した感想も。...
オーストラリアの人気記事

DiDiアプリ使い方と乗車のレビュー
≫≫オーストラリアのDiDiアプリ使い方と、ブリスベンで乗車したレビュー

物価が高いオーストラリアは自炊して節約
≫≫オーストラリアで自炊のコツ!スーパーとおすすめ食材や料理

海がこれほどまでに美しいなんて
≫≫オーストラリアで本当に感動した壮大な絶景!ベスト5