キウイ インターナショナル ホテル宿泊記、オークランドひとり旅

キウイ インターナショナル ホテル宿泊記、オークランド

オークランドにひとり旅で3泊4日滞在した「キウイ インターナショナル ホテル (Kiwi International Hotel)」を現地で撮った写真とともにレポート。

オークランド市街地なのに、リーズナブルでコスパ最強レベルキウイ インターナショナル ホテルをおすすめする理由がわかる。

もくじ(押したらジャンプ)

キウイ インターナショナル ホテルの概要

キウイ インターナショナル ホテル
・チェックイン時間:14:00~
・チェックアウト時間:~10:00
・料金:¥3,485 ~

今回は、エコノミー シングルルームの客室(部屋)を予約しました。

エコノミーというのは、バス・トイレが共同タイプですが、泊まる部屋は個室になります。

少し料金が上がってもいいから、バス・トイレも部屋に付いている方がいい場合は、エコノミーでない客室も選べる。

ホテルの外観

キウイ インターナショナルホテル外観

入口が通りの奥から伸びた道路の先にあるため、よく見ないと見落として通り過ぎてしまう。
※通り過ぎたのは私…

ホテルの玄関

いきなり階段!?となるけど、この数段だけで、奥に見える階段はエレベーターが使えるので、それほど苦ではない。

ホテルの看板

ホテルの入口はこの看板があるところの通路を入った奥に、道路からも建物が見える。

キウイ インターナショナルホテル目印

看板の逆側にはこんな目印もある。

エコノミー シングルルームの部屋

エコノミーシングルルームの室内。

個室のベッド

シングルよりも大きい、おそらくセミダブルサイズのベッド。
バスタオル・アメニティはシャンプーと石鹸のみ。

洗面台

バス・トイレは共同で部屋の外だけど、洗面台だけ室内にある。お茶を入れるときなど室内に洗面台があるだけで利便性がぐっと上がる。

開けられる窓、風通しはよい。

ベッド枕元の照明

部屋の天井の照明よりも明るい。枕元の壁の照明のほうがメインの照明なんじゃないかというほど

ティーセット

コーヒー・紅茶・ミルク、電気ポット・マグカップ・グラス・ティースプーン。ティーパックの数は9個ほどとたっぷり用意されている。

ハンガー、扇風機、暖房

ベッドの足元の上の棚には、ハンガー、扇風機・小さいヒーター。12月上旬の晴れた日の気温は適温で、どちらも利用せず。
扇風機は、コインランドリーで洗った洗濯物を乾かすときに使うと早く乾いて便利。

Wifi速度は十分。ニュージーランドにしては速い。

テレビや冷蔵庫は備えられていない。

共同バスルーム

エコノミータイプの部屋は、水回りは洗面台だけで、バス・トイレは共同

バスルームは建物内にシャワールームがあちこちに複数ある。廊下にバスルームの矢印がかかれた標識があって、迷うことなく利用。
また、バスルームは十分な数があるのか、他の人と被ることが一度もなかった。

シャワーヘッドは壁に固定されているタイプ、ニュージーランドではよくあること。

シャワールームの隣にトイレがあり、トイレットペーパーは大きいロール式。使いやすさはストレスを感じないレベル。

洗面台はバスルーム内にもあり、ハンドソープと手を拭く使い捨てのペーパーもある。

共同のバスルームにはゴミ箱がなく、ゴミは部屋まで持ち帰る必要があった。

ロビーや廊下

ロビー

フロントの正面にあるロビー、本が並ぶ

エレベーター

エレベーターは1台のみ。かなり古いエレベーターで、止まる時に揺れてちょっとビックリ

階段

G階(フロントがG階で、日本で言う1階にあたる)から1階への階段

1階の階段

1階(フロントがG階で、日本で言う2階にあたる)の部屋に泊まったため、チェックイン時とチェックアウト時のスーツケースを移動する時以外は、階段を利用。

ホテルの朝食

G階(日本でいう1階)にラウンジ兼レストランあり。部屋代には含まれていませんが、朝食は利用するときに料金を支払って滞在中に2回利用した。

$15(1,080円)でコンチネンタルブレックファースト(バイキング朝食)が注文できる。単品の朝食メニューやコーヒーのテイクアウト利用も可能。

$15のコンチネンタルブレックファーストをカウンターで注文。注文してお金を払うと、2種類のお皿を渡されるため、自分で自由にお皿にとります。

コンチネンタル ブレッド

トースト用のパン、白い食パンと色のついた食パン

コンチネンタル スプレッド

食パンに塗るようのバターやピーナツバター・ジャム類

コンチネンタル フルーツとヨーグルト

フルーツポンチにできます。

コンチネンタル  フルーツとマフィン

果物まるごと・マフィン。

コンチネンタル シリアル

シリアルも4種類、ニュージーランドではシリアルは一般的によく食べられている朝食です。

ジュースやコーヒーもあります。

コンチネンタル 取り分け

実際に取り分けたテーブルの上、マフィンがとにかく美味しかったです。

パンケーキ

別の日に頼んだ$12(864円)の季節のフルーツのパンケーキ。生クリームが添えられています。
ドリンクがついてないため、コーヒー$3(216円)をつけると、合計$15(1,080円)になります。

同じ$15なら、バイキング式のコンチネンタルブレックファーストの方がおすすめです。

レストランの雰囲気

朝食が食べられるレストランのは、窓が大きく日当たりがよい、雰囲気がとても気に入った。

ホテルのサービス

チェックインは非常にスムーズでした。パスポートを提示し、Wifiの説明と部屋への道順、共同トイレ・バスの4桁のパスコードの説明。

ドライヤーは部屋に備えつけられていませんが、フロントに言うと無料で貸りられた。チェックアウトまでそのまま借りっぱなしでOKだった。

洗濯機と乾燥機

ランドリーは洗濯機と乾燥機それぞれ$4(288円)ずつ。フロントで$4をトークンに交換してもらう必要があります。

洗濯機

洗濯洗剤はフロントで$1(72円)で1回分強がパックに入った粉洗剤が購入できます。洗濯機だけ使い部屋内に干しました。

アイロン台とアイロン

ランドリールームにアイロン台とアイロンが設置されています。この場で無料で利用することが可能。

ホテルの場所

地図

空港アクセス

オークランド空港(BNE)から16.7km
タクシー 30〜40分
スカイバス(空港連絡バス) 30~50分
※オークランドは都会、交通の混み具合によって移動時間に差がでます。

今回は、オークランド空港へスカイバスを利用して向かいました。
深夜も運行するスカイバスが停まるバス停はホテルの目の前で大変便利です。

周辺観光名所

Aotea Square 0.5km
Auckland Art Gallery 0.5km
スカイタワー 1.3km
ヴィアダクト・ハーバー 1.7km

ホテルを選んだ理由・決め手

  • 立地
  • コスパ
  • 24時間対応フロント

オークランドのひとり宿泊にキウイ インターナショナル ホテルを選んだ理由は、圧倒的にコスパと立地です。

オークランドを発つ日にオークランド空港に早朝に着く必要があり、早朝の交通の便がよい場所、オークランド市内へのアクセスが良いという立地の良さが1番の決め手でした。

今回は、オークランドは3泊4日の滞在。コスパ抜群の宿です。

24時間対応フロントは、早朝にホテルを出発するため必須条件に。

私が検索したタイミングでは、これだけオークランド市街地という立地で個室があるホテルでは最安でした。

より立地が良いけど値段が上がるところはありましたが、やはりコスパ重視で宿泊をキウイ インターナショナル ホテルに決めました。

またオークランドに行く機会があるなら、ぜひまたキウイ インターナショナル ホテルに泊まりたい、好きなホテルです。

オークランドにひとり旅でコスパ重視だけど、良い雰囲気のところに泊まりたい場合、大変おすすめのホテル!

ツインのお部屋やバス・トイレ付きのお部屋も選べるため、オークランド観光者の万人におすすめできるホテルでもあります。

あわせて読みたい
海外ホテル予約サイトを比較!女ひとり旅の利用におすすめはどこ? 海外ホテルもネットで日本語のサイトでかんたんに予約ができるようになった。けれども海外ホテルやホステルなどの宿泊予約を自分でする場合、どこの宿泊予約サイトが良...
記事のシェアはこちら
  • URLをコピーしました!
もくじ(押したらジャンプ)