世界一のクロワッサンを求めて!LUNE(ルーン)メルボルンCDC店へ

カフェの街メルボルンには、世界一のクロワッサンと称されるクロワッサン店「LUNE(ルーン)」があります。2018年にオープンしたシティ(CDC)の店舗でクロワッサンを買ってみます。

LUNEに行った感想も含めて紹介します。

目次(押すとジャンプ)

LUNEへ訪問

フリンダースストリート駅から歩いて6分の所にあります。

LUNE外観

まもなく1階にあるルーンが見えてきます。

LUNE入口

ルーンの入口のガラスにはLUNE営業時間カード支払いのみ※現金不可の表示。

カード支払いのみ

入口に入ってすぐのところにも再び「CARD PAYMENT ONLY」の表示。そう、クレジットカード払いしか受け付けてもらません。

ルーンは現金不可。カードを用意して行きましょう。

店内の様子

3組ほどしか並んでいなくて、5分も待たずにレジにたどり着きました。

クロワッサン種類

レジに注文できるクロワッサン全種類が並べられています。この日は6種類。商品名の英語が読めなくても指差して注文ができて安心。

クロワッサンの棚

レジの奥の棚には、焼き上がったクロワッサンがずらりと並びます。

LUNE紙袋

袋がたくさん並んでいます。

店内のイートインスペースはカウンターのようなテーブルのみで、イスはありません。

ゆっくり食べたいならテイクアウトの方がおすすめ。

テイクアウト

アーモンドクロワッサンプレーンクロワッサンを注文しました。持ち帰りです。

LUNE紙袋

オーストラリアでは紙袋に入れてもらいました。お店のロゴと一緒に記念撮影。

LUNEの車

ルーンの車から何かを運び出しています。

生地を運ぶスタッフ

クロワッサンの生地を運んでいます。フィッツロイ本店で下準備をした生地をCDC店まで運んでいるとのことです。

コンパクトな店舗で経営するための工夫ですね。

クロワッサン

この日は、この後に飛行機で国内線に乗る予定となっています。

メルボルンのタラマリン空港の待合スペースでアーモンドクロワッサンプレーンクロワッサンの両方とも食べます。

日本でよく見かけるクロワッサンと比べて、大きなサイズです。

アーモンドクロワッサンとプレーン

アーモンドクロワッサンとプレーンクロワッサン、それぞれ別の袋に入れてあります。LUNE(リュンヌ)というのはフランス語で三日月、クロワッサンの由来も三日月から来ています。紙袋にロケットというのも月を想像させられますね。

アーモンドクロワッサン

スライスアーモンドがびっしり縦に刺さってます。まるでハリネズミのようにも見えます。粉砂糖も散らしてあります。

表面はパリッパリ、中はアーモンドクリームも入っていてしっとりさもあります。表面のアーモンドはカリッカリッ。

色んな食感のコラボレーションがアーモンドクロワッサン1つで楽しめます。甘めだけど、そこまでのしつこさはない。

私は甘さが気にならなくプレーンクロワッサンの方が好きです。

そこまで甘いのが得意ではないので、甘党な方はアーモンドクロワッサンの方が好きかも知れません。

なぜ世界一と称される?

アメリカ雑誌のニューヨークタイムズで世界一のクロワッサンと紹介されたのが世界一と称されるようになったきっかけ。

もちろんメルボルンで一番人気のクロワッサン。また世界中からファンが訪れるお店です。

LUNE 概要

ルーンの場所や基本情報です。

地図

住所:Entrance on Russell Street at Flinders Lane, Shop 16/161 Collins St, Melbourne VIC 3000

メルボルンの象徴ともいえるほど有名なフリンダースストリート(Flinders Street)駅から北東側へ徒歩6分

シティ(CDC)内にあるため、ちょっとより道してお土産にするにもちょうど良いですね。

営業時間

月~金 7:00-16:00/土日 8:00-16:00
※営業は売り切れ次第、終了となるため余裕を持って来店しましょう。

参考:[公式]LUNE

あわせて読みたい
メルボルンの超有名コーヒー、SEVEN SEEDS(セブンシーズ) カフェの街メルボルンで常にランキング上位に君臨するコーヒーの超有名店。「SEVEN SEEDS(セブンシーズ)」は、シティの北側カールトンエリアにあります。 SEVEN SEEDSに...
記事のシェアはこちら
目次(押すとジャンプ)
閉じる