ミライズ英会話のセブ島留学1ヶ月、TOEIC340点の30代が体験!

セブ留学を経験、TOEIC340点の30代が1ヶ月の語学留学した感想

30代の私がフィリピンのセブ島にあるという日本人が運営する語学学校で、英語を学ぶために留学を1ヶ月体験した結果と、学校の様子を紹介していきます。

この記事では、ミライズでセブ留学を1ヶ月すると

  • 英語力はどう変化した?
  • ミライズのセブ島留学ってどう?

ということが分かります。

もくじ(押したらジャンプ)

セブ島のミライズ留学後の英語力は?

ミライズ留学前は、日常会話どころか旅に必要なフレーズもろくに言えないほどの英語力でした。
海外を旅するのに、質問したいことがあると、毎回グーグル翻訳を開いて、調べて読み上げるばかりでした。

セブの学校MeRISE(ミライズ)留学の後は、海外を旅している最中にGoogle翻訳を開くことはほとんどなくなりました

英語で伝えるべきことは、何とか伝えられるほどの英語力が身についたんです。30代でも遅くない!

この変化には本当にビックリでした!

セブ島留学ならではのメリット

セブ留学のメリット

なぜセブ留学が英語を学ぶ語学留学先として、人気なのでしょうか?それはセブ留学ならではのメリットがあるからです。

マンツーマンレッスン

フィリピンのセブほどマンツーマンレッスンが低価格で受けられる環境はありません。

他の人気の留学先のオーストラリアやアメリカ・カナダなどは物価が高く、学校の費用だけでも高くなります。そこでセブ以外の留学先はグループレッスンが基本です。

マンツーマンレッスンは、自分に合わせた学習ペース、学習方法を先生が個別に調整してくれます。決まったテキストもなく、本人の英語レベルや、英語を使う目的に合わせて学ぶ内容までカスタマイズしてくれます。

常夏の国

フィリピンのセブは常夏です。1年中暖かい・・・いや暑い!
語学学校はもちろん冷暖房完備なので安心してください。

日中は日差しが強く暑いんですが、夕方17時ごろに日が暮れ始めるとそんなに暑くなくなります。

フィリピン人の国民性から明るく陽気な性格の先生が多いです。月末には先生たちが集まってダンスパーティーをやっていました。

歌って踊るのが大好きな方が本当に多いんです。授業中ですら英語の歌を一緒に歌おうという先生も!そんな先生たちを観ているだけでも楽しくなってきます。

ミライズ留学の1日のスケジュール

セブ島のミライズ留学では、「半日コース」を選択して受けました。同じ日に入学した同期のみんなは「全日コース」だけでし、わたしひとりが「半日コース」でした。

「全日コース」は、1時間の授業が1日8コマですから1日8時間の授業があり、「半日コース」は授業が全日の半分の4コマで、1日4時間の授業です。

1日のスケジュール
1コマ目:一般英語
2コマ目:リスニング(選択制)
3コマ目:英文法
 昼食休憩
4コマ目:一般英語

「半日コース」のわたしは、お昼すぎの14時ごろからは自由時間になります。
同期のみんなは、プラス4コマ受講されていました。

今回は、しばらくゆっくりしたいという気持ちがあったため、あえて半日コースを選みました。

海外でゆっくり過ごすという憧れもあったので、半分勉強して半分ゆっくり過ごすという留学スタイルを選びました。

しかし、とにかく短期で絶対英語をペラペラに話せるようになりたい!全力で短期でがんばりたい!という方には、全日コースをおすすめします。

1ヶ月の間仕事はどうした?

30代の私はもちろん社会人です。そこでミライズ留学前までやっていた仕事はすべてキッパリ辞めました

ミライズ留学でセブ島に行った後も、1年以上普通に暮らせるほど貯蓄をしていたため、仕事を辞めてセブでミライズ留学をすると踏み切れたんです。

職場に出勤して働いていたため、仕事先から「辞めずに完全リモートワークに変更してもらって、仕事を引き続き受けて欲しい」という提案も受けました。もう少し貯金が少なければ、この仕事を続ける提案を受けていたかも知れません。

他に、社会人ばかりのでは、会社を辞めずに休職してきている人や、会社から研修で来ている人、有給を使って祝日とあわせて2週間だけ留学に参加している人など、さまざまな人がいました

仕事を辞める以外にも留学をする方法はいくつかあります。もちろん仕事については、職場のルールなどもあるので、いまの仕事を続けたいのであれば、職場に相談する必要がでます。

ミライズ留学前にやっておきたかったこと

①単語を覚えること

②基本的な英文法を理解しておくこと

の2点です。

TOEIC340点というのは、ミライズ留学の4ヶ月前に人生初めて受験したTOEICのスコアです。

高校生以来、10年は英語を勉強していなかったんです。

しかも、1番の苦手科目は英語という…!
中高校生のときは、何のために英語を勉強するの?必要なくない?と思ってなるべく英語の勉強を避けていました。

そんな私が30代になり、お金を払って語学留学してまで、英語の勉強をする未来は想像もできませんでしたね。

過去に戻れるなら真面目に英語の勉強をさせたい、自分に。

なんて思っても、過去には戻れません。いまから英語が話せる自分を手に入れる行動をするしかありません

英語以外のミライズ留学の魅力は?

セブ島のミライズ留学の魅力は、もちろん英語だけじゃありません。だって外国にいるんですから、憧れの海外生活も一緒に叶います。

フィリピンを知る

セブの文化遺産

英語力をつけたい以外にも、ただ海外で過ごしたいという想いもあります。

フィリピンのセブでは、語学学校の先生という現地のフィリピン人と知り合うことができ、英語で会話します。フィリピンの文化や歴史についても学べました。

おすすめのお店やフルーツ、観光や撮影スポットだったり、フィリピン人の暮らしぶりだったりと、セブのローカルな情報をたくさん知ることができます。

週末は自由に遊べる

セブの海岸

セブは言わずと知れたリゾート地。通った学校は海から遠いのですが、週末には日帰りでビーチに行ける所です。

平日は英語の勉強ばかりでも、週末は同じ日本人の社会人留学生たちと一緒にリフレッシュでき、まるで高校生時代に戻ったかのような楽しみが味わえました。

いくつになっても学生に戻れるんだ!まだまだ人生遊べるぞ!というナゾの自信がつきました。

ミライズ留学、セブ島で語学留学した結果

基本的な英会話が辞書や翻訳アプリに頼ることなくできるようになりました。海外への旅がとても楽で、役に立ちました。

ミライズ留学する前はほとんど英語が話せず、会話のたびにGoogle翻訳ばかり使っていました。毎回翻訳アプリで調べているようでは、やはり余計な時間がかかってしまっていた分、時間が浮きました。


翻訳アプリで調べなくても、なんとか知っている英語を組み合わせて相手に伝えることができ、旅するのに困らない英語力が身についたのです。

もちろん、英語で日常会話がペラペラ話せるレベルには、まだ遠いんです。しかし、やや片言ながらも、自分の英語の言葉で相手に伝えたいことを伝えられるというのは気持ちいいです。

ミライズ留学で受けた授業時間は、

4コマ×週5日×4週間=約80時間

たった80時間ほどの勉強時間ではペラペラに話せるようにはなりませんが、英語圏の国を旅するのに困らないほどの英語力になりました。

私が社会人の語学留学を推している学校は、日本人経営の会社、という語学学校。場所は、セブ島のローカルな場所。

セブの街並み

ミライズ留学では、社会人留学生が多く30代が最も多い年齢層になります。
他の語学学校が20代ばかりだから行きにくい、とお悩みの30代なら特には留学先におすすめ。


同じ日に入学した人たちも半数以上は30代でした。同年代とともに学ぶことができ、30代のうちに思い切ってセブ留学行っておいて良かったなーと、留学から7ヶ月経っても思っています。

海外を旅するだけなら英語ができなくても楽しめます。そうは言っても、英語が話せればもっと海外の旅は楽しめます。

ミライズ留学が終わり、英語がある程度は話せるようになったら海外での楽しみが増えます。Airbnbで現地のオーナーさんと会話を楽しんだり、現地の英語ツアーに参加してみたりといった楽しみです。

記事のシェアはこちら
  • URLをコピーしました!
もくじ(押したらジャンプ)