ステイケーションでひとり宿泊、ホテルでの至福の過ごし方

当ページのリンクには広告が含まれています。
ホテルスティ

ステイケーションでのホテルにひとり宿泊、想像しただけでワクワクしませんか?日常からちょっと離れて、自分だけの特別な時間を過ごすなんて、まさに至福のひととき。

ホテルで過ごす一人の時間を最大限に楽しむためのアイデアを紹介します。日常の忙しさを忘れて自分を甘やかす時間を持つことで、心も体もリフレッシュしちゃいましょう。

ちなみにステイケーションとは、「stay」と「vacation」を合わせて造られた言葉

ここ3年間、私も毎シーズンごとにステイケーションでホテルステイをし、非日常を楽しんできました。私の自宅は狭いワンルームマンションなので、広々としたホテルでくつろぎたいというのがステイケーションを始めるきっかけでした。

タップできる目次

ステイケーションで見つける自分だけの休息時間

日常とは一味違う非日常の中で、新しい自分を発見したり、普段忙しくてできないことに時間を使ったりすることができます。

ひとり宿泊のホテル選びでは、ロケーションやアメニティ、安全性など自分の優先順位に合わせて選びましょう。市内の中心部にあるホテルを選べば、観光やショッピングにも便利ですし、郊外の静かなホテルなら、よりリラックスした時間を過ごせますよ。

ホテルのお部屋でただ時を過ごす

気に入ったお部屋のホテルを予約したら、ひとりでゆっくりホテルの部屋にこもるだけでも、日常ではない空間を感じられてリフレッシュになるものです。

“何もしないを”するんだ

『プーと大人になった僕』より

ホテルに「何もしない」をしに行ってもいいじゃない。それも選択の一つ。

わたしの場合は、ホテルの部屋では地上波の番組は決して見ない。

テレビ番組を見てしまうと信じられないくらい時の流れが早く感じられて、せっかくのホテル滞在がもったいないって思っちゃうから。

ホテルでの過ごし方でリラックスとインスピレーションを

のんびりお風呂に浸かる

自宅はお風呂が狭くてなかなか湯船に浸かってゆっくりする気にならず、シャワーだけで済ます日々なんです。

やっぱりときにはお風呂にゆっくり浸かって癒されたいもの。広めの浴槽があるホテルの部屋を予約したら、ワンパックの入浴剤を買ってホテルに持ち込んだり、小分けになっているパブを持ち込んだりしてこれでもかとお風呂タイムを楽しみます。

ドーミーインなどの温泉や大浴場付きのホテルもお気に入り。15時〜16時などチェックインして間もない時間帯だと、だいたい空いていてゆったりできるのでその時間帯を狙って大浴場に行くことが多いです。さらに、翌朝は比較的空きやすい早朝の時間帯を狙うのもお決まりに。

ボディケアを念入りに

顔にパックをしてみたり、爪を切って念入りに磨いてみたりする。ボディークリームを塗るとかね。ホテルの余計なものがないスッキリした落ち着いた空間だからこそ、ボディケアにも集中しやすい環境といえます。

普段はなかなかていねいにできていない、セルフケアを念入りにするのもおすすめ。人から愛されるには、まず自分を大事にかわいがることからなんて聞いたことがあります。

ホテルで寝るときはアイマスクを愛用しています。使い捨てのアイマスク「めぐリズム蒸気でホットアイマスク」は10年くらいはリピートして使っている定番のものです。

しっかり朝食を食べる

ホテルの朝食は、ときめいちゃう。バイキング形式にはちょっと抵抗がある場合も、プレート形式の朝食を提供しているホテルを選ぶ方法も。

朝からごちそうを食べれば、何とも一日中ぜいたくな気分が残るので、二度美味しいと思えます。

ホテルの近くに美味しそうなパン屋があったら、パンを買ってきてホテルの部屋でゆっくり食べることもある。ホテルの部屋の中でとことん過ごすのもホテルスティのだいご味かななんて。

パンとコーヒーさえあれば、幸せな気分に浸れちゃうもの。さらに、ヨーグルトもあると嬉しいな。

まったりVOD鑑賞

部屋に大きなテレビがあるホテルだと、はりきってVODで映画やアニメ鑑賞は定番。Amazonプライム・ビデオや、Netflix、YouTubeなどが見える機能がついたテレビなら、チャンネルで簡単に操作して観られる。

テレビがVODに対応していなくっても、HDMIケーブルが挿せるテレビは多くて、Amazonの Fireスティックを持ち込んで挿すとかんたんにVODが楽しめるようになり、とっても便利。

読書をする

本を読みたいけど、家だと家事やテレビなど、他のことが気になってなかなか本が読めないことも。

他にすることがない状況だと、読書がとても進む。ステイケーションでホテルの室内にいるんだったら、洗濯も掃除もホテルに居るからいまはできません。

ホテル滞在中は今こそはと、本はお決まりで読みますね。どちらかというと朝食後に本を読むのが好きなタイミング。

Amazonの Kindle Unlimited なら、200万冊以上の本が読み放題。iPhoneやAndroidはもちろん、MacでもWindowsのパソコンでも、Kindleアプリを入れてどの端末でもKindle本が読めるように。

通常は月額980円かかるけど、しょっちゅうキャンペーンで初月無料や、2ヶ月99円などといった格安プランをやっているので、ぜひ Kindle Unlimited のページをチェックしてみて。

Kindle Unlimited でも読める
¥1,300 (2024/05/14 14:30時点 | Amazon調べ)

仕事をする

なんでホテルにまで来て仕事をするの?と思われるかも知れないけど、フリーランスや副業をやっている人なら、分かるんじゃないかな?

休みの日も家で仕事をすることが多い場合、場所が変わるだけでも気分転換になるもの。

パソコンで作業することもあるけれど、アイデア出しなどにホテルという空間は役に立っている気がしている。アイデアはルーティーン以外から生まれるなんて言葉もあるんだもの。

非日常な場所に身をおいて、仕事に新しい風を取り入れてみるのもよし。

ステイケーションのまとめ

遠くまで旅に出なくったって、近場のホテルでひとりステイケーションを満喫するのも立派な一つの楽しみ方。

いつもの自宅とは違うところに泊まるだけで、もう特別な日になるんです。遠くに行かなくてもホテルでリフレッシュできますよ。

ステイケーションの計画と楽しみ方

  1. ホテル選択: 安全性、アメニティ、ロケーションを基準に自分のニーズに合った施設を選ぶ。
  2. 予算管理: 早期予約割引、オフシーズン利用を活用してコストを抑える。
  3. アクティビティ: 読書や映画鑑賞、趣味に没頭し、新しいことに挑戦して自己成長を図る。
  4. デジタルデトックス: オフラインで過ごし、日々のストレスから解放される時間を持つ。
  5. リフレッシュと再充電: 自分自身を見つめ直し、心身ともにリフレッシュして日常生活に活力をもたらす。

ぜひ気になるホテルを予約して、さっそくステイケーションを体験してみてはいかが?

ひとりで泊まりやすいドーミーイン

ホテルはどこで予約する?

お得な旅をする♪
記事のシェアはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次