メルボルンの美容院REVE hairはスタッフ全員日本人、まるで日本の美容院

メルボルンの美容院REVE hairは全員日本人、まるで日本?

メルボルンのスタッフ全員が日本人という美容院「REVE hair」へ行ってきました。海外で美容院に行くのは不安、英語でうまくコミュニケーションとれるのかな?と心配していましたが、完全に日本語が通じる日本のような美容院でした。

美容院「REVE hair」の雰囲気

美容院「REVE hair」の店内に足を踏み入れた瞬間から、もうそこは日本でした。

スタッフは日本人しか見当たらず、席の前には日本のファッション雑誌が並べられ、棚に並んでいるのは日本製のシャンプーやトリートメント

日本に帰って来た?という錯覚すらしてしまうほど強い日本を感じました。

美容院「REVE hair」に決めた理由

今回、メルボルンで美容院に行くことに決めたのは…

海外滞在が3ヶ月を超えるので1度は美容院へ行かなければ、と思いメルボルン美容院と調べたら何店舗も日本人の美容師さんがいる美容院がでてきました。

実は、今回実際に行った「REVE hair」の前に予約しようとした美容院があったんです。ですが、そちらは予約時にクレジットカードで決済する画面になったんです。

予約の時点でお金を払うことって、日本の美容院じゃ1度も経験がなく考え直してしまいました。

そこで、もう1つの候補にしていた「REVE hair」に決めました。公式サイトから予約画面へ行けます。予約のみで決済はありませんでした。

参考:REVE hair公式サイト

髪全体のカラー、お値段は?

予約していたメニューは$130(9,750円)、カラーでミディアムヘアの長さの髪全体を染めてもらいました。

お値段は東京で通ったことがある美容院とほぼ変わらないくらいですね。とはいえ円高豪ドル安の影響が強いですが…

1ヶ月半おきにグレイヘアという、カラー(いわゆる白髪染め)をするために美容院に行きます。ただ日本でもカラー剤がしみて頭皮がヒリヒリすることがあるほどで海外製により不安があったんです。

ところが、そういったカラー剤をはじめ、シャンプーやトリートメント類もすべて日本製の取扱いということで安心でした。

予約外でしたが、美容師のお姉さんと日本語で会話して、前髪もプラス料金でカットしてもらいました。

私があきらかな一元さんでリピートが見込めず申し訳ないなと思いつつ、Webサイトからの予約特典の初回割引き15%OFFも適用してもらいました。

お会計はもちろんクレジットカードが使えます。ただ、$100超えのためtouch決済が使えず、初の4桁の暗証番号を入力して決済しました。

オーストラリアはキャッシュレス社会、クレジットカードは使って当たり前
オーストラリアはクレジットカード社会!カードを使うのが当たり前に海外へ滞在するとなると、誰もが気になるのが現地で使うお金事情ですね。オーストラリアに行くときは両替した方が良いの?クレジットカードは使えるの?現地のメジャーな決済方法は何?ということに現地滞在したレポートです。...

担当の美容師のお姉さん

予約時に指名なしにしました。普段はなるべく指名をしたい派ですが、Webサイトのスタッフ紹介と予約画面のスタッフ選択の名前がほぼ一致していませんでした。

よって、スタッフ紹介がないに等しく名前だけだと何を基準に選んでいいか不明です。(※スタッフ紹介ページが古そうでした。これが第2候補となった原因です。)ということで、スタッフは全然分からないから指名なしでいいやとなりました。

実際はオーストラリア在住8年の日本人の美容師のお姉さんに担当してもらいました。

とてもお話し好きな美容師さんでした。オーストラリア8年在住だけあって、オーストラリア国内を色々旅したお話をしていただけました。

お姉さんのおすすめの旅先で、私がぜひ行きたいと思ったのがバイロンベイです。

オーストラリア最東端のバイロンベイは気にはなっていたけど、行く予定ではなかった場所でした。

旅のスケジュールを修正することにしました。ゴールドコーストへ行く予定の合間にバイロンベイへ向かうことにさっそく予定を変えました。楽しみです。

日本人スタッフの美容院で安心

メルボルンには日本人スタッフがいる美容院が何店舗もあります。もちろん英語が堪能でしたら、ローカルでぜひ冒険してみるのも良いと思います。

私のように頭皮のトラブルが起きやすい方は、日本人スタッフがいる美容院を選んだ方がトラブルの心配をあまりしなくて済みますね。

オーストラリアのメルボルンで美容院に行きたいけど、現地の美容院に行く勇気がないとお思いでしたら、REVE hairではまったく心配不要ですよ。

※レートは1AUD=75円で計算。

オーストラリアの人気記事

DiDiアプリ使い方と乗車のレビュー
≫≫オーストラリアのDiDiアプリ使い方と、ブリスベンで乗車したレビュー

物価が高いオーストラリアは自炊して節約
≫≫オーストラリアで自炊のコツ!スーパーとおすすめ食材や料理

海がこれほどまでに美しいなんて
≫≫オーストラリアで本当に感動した壮大な絶景!ベスト5