絶景好きがオーストラリアで本当に感動した壮大な絶景!ベスト5

オーストラリアの絶景ベスト5

旅の1番の目的は、絶景!という私がオーストラリア12週間の旅を終えて、オーストラリアで行って良かった、見てよかった本当に感動した絶景ベスト5を紹介します。

本当に感動したオーストラリア絶景5選

本当に感動したオーストラリア絶景5選

  1. ケアンズ グレートバリアリーフ
  2. バイロンベイ 灯台
  3. ゴールドコースト 展望台
  4. シドニー ブルーマウンテンズ
  5. メルボルン 十二使徒

ケアンズ絶景 グレートバリアリーフ

グレート・バリア・リーフの絶景

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフは、グリーン島ミコマスケイの2カ所にクルーズで行きました。

ケアンズから2日連続クルーズ船に乗って、グレート・バリア・リーフへ繰り出すというハード過ぎるスケジュールで行ってきました。

どちらもきれいなブルー色の海は素晴らしかったです。

ミコマスケイ

ミコマスケイでシュノーケリングをしたところ、あまりの感動に泳げない私が夢中で泳ぐという事件が起きるほどでした。
もちろん、シュノーケルセットにライフジャケット完備という姿ですが…笑

シュノーケリングの前に、ツアーにセットになっているグラスボートに乗りました。

ガラスの向こうに見える海の中、あんなにも大きなサンゴ礁の塊と魚の群れがいるとは期待以上でした。

ミコマスケイに上陸しました。ミコマスケイは島ではなく砂の山みたいです。
海から砂だけ盛ってあるといった状況でした。

その砂の上は80%を超えるんじゃないかというくらい鳥で埋め尽くされていました。
この鳥すらすでに絶景です。

ただ、砂の上にいようものなら、ずっと鳥が鳴く声がうるさくてあまり落ち着けませんでした。

ビーチでのんびりする目的なら、ミコマスケイはおすすめではありません。

目的はシュノーケリングだったので、ミコマスケイに上陸している間はほぼ海にいました。

色とりどりのサンゴ礁と次々と視界に飛び込んでくる、カラフルな魚たち
ただただ海の中をのぞき込むのに夢中になっていました。

ミコマスケイから泳いで覗いたグレート・バリア・リーフの世界には、アニメのニモでしか見たことがないような光景が広がっていました。

現実に存在する世界だったんだ、と思ってしまったほどの絶景です。

泳げなくてもグレート・バリア・リーフでシュノーケリング
泳げないけどグレート・バリア・リーフでシュノーケリングはできる?泳げないから海は苦手だし、シュノーケリングなんて無理でしょ?そんなことはありません!シュノーケリングは泳げなくてもできます!実際に泳げない私が2日間連続でグレート・バリア・リーフの海をシュノーケリングしてきました。泳げなくてももできます。...

グリーン島

グレート・バリア・リーフの絶景

グリーン島ではさまざまなアクティビティに参加できるため、アクティビティや写真撮影目的ならおすすめできます。

グリーン島にはインスタ映えする写真が撮れるスポットがありました。

シュノーケリングは潜る場所が悪かったのかも知れません。
海の中を覗くと白くなった珊瑚ばかりで、少ししか魚を見つけることができませんでした。

後から聞いた話しでは、ツアーに参加してもう少し沖へ出るとずいぶん様子が違ってくるというらしいです。

ただ、シュノーケリングならミコマスケイが間違いなくおすすめです。

ちょっと海にでて覗くだけで、そこら中に色とりどりのサンゴ礁と魚が見られますから。
ミコマスケイあたりは抜群に透明度の高い海です。

ケアンズ、女子ひとり旅で行く観光スポット・グルメまとめ
ケアンズ、女子ひとり旅で行く観光スポット・ツアー・グルメまとめ女子ひとり旅で行く旅先を紹介!オーストラリアのケアンズの観光スポットやグルメなどの体験を写真と並べてまとめたページ。グレートバリアリーフが有名な、ケアンズへのひとり旅や観光の参考に。...

バイロンベイ絶景 灯台

バイロンベイの絶景

バイロンベイは、シドニーと同じニューサウスウェールズ州NSWにあります。
ですが、ゴールドコーストから向かった方が近いです。

私もゴールドコーストから日帰りで向かいました。

灯台と書きましたが、実際は灯台から見下ろす壮大な景色、メインはバイロンベイのビーチと押しよせる海の波の光景が素晴らしかったです。

メルボルンから行ったグレートオーシャンロードは車で走る道から見える海なため、少し距離感がありました。

バイロンベイは遊歩道沿いを歩きながら海を楽しめたため、とても距離感が近く感じられました。

山道といっても過言ではない遊歩道を歩いた先にたどり着いた真っ白な灯台から見る景色、太陽の光に照らされ輝く海の波とビーチは素敵な絶景でした。

ゴールドコースト絶景 展望台

ゴールドコースト展望台の絶景

ゴールドコーストの展望台から見下ろすゴールドコーストの街並みと運河とビーチと海。なんて美しいんだと圧巻されました。

夕暮れ前から、夕暮れ時まで滞在しました。夕陽に照らされゴールド色に輝く街並みはなんとも幻想的でした。

運河を走るフェリーの走った跡も幻想感をより増した絶景でした。

ゴールドコースト、女子ひとり旅で行く観光スポット・グルメまとめ
ゴールドコースト、女子ひとり旅で行く観光スポット・グルメ・ツアーまとめ女子ひとり旅で行く旅先を紹介!オーストラリアのゴールドコーストの観光スポットやグルメ、ツアーなどの体験を写真と並べてまとめたページ。サーファーの街、ゴールドコーストへのひとり旅や観光の参考に。...

シドニー絶景 ブルーマウンテンズ

ブルーマウンテンの絶景

シドニーから行ける世界遺産ブルーマウンテンズ、こちらは壮大なユーカリの木でなる山々です。

私はシドニーから電車で日帰りで行きました。

ユーカリの木の影響で空気が青く見えることから、ブルーマウンテンと呼ばれている山です。
ただ私には思っていたほど青さは感じられませんでした。

原因は、お昼過ぎにいったからでした。
しっかりと青さを感じるには朝に行くことが条件だそうです。リサーチ不足でした。

あまり青さは感じられなくても、ユーカリの木で埋め尽くされた山々は絶景です。壮大な景観と澄んだ空気に癒されました。

遊歩道が整備されていて山を観ながら歩いて楽しみました。

メルボルン絶景 十二使徒

十二使徒の絶景

十二使徒は海と激しい波が打ち寄せる海岸、波で削れた岩が魅力です。

曇り空でくすんだ空の色と海の色だったためか、期待していた絶景ではありませんでした。
ただ、間違いなく壮大さは感じられました。

実は、唯一ここだけお天気に恵まれなかった絶景スポットでした。訪れた時は天気に恵まれず、曇っていました。

晴れている日に見ると印象が違ったのかも知れません。心残りでした。

オーストラリアは自然の絶景の宝庫

特に良かった大絶賛できるオーストラリアの絶景5つを紹介しました。

もちろん他にもオーストラリアは大自然が感じられるスポットがたくさんあり、感動の連続の日々でした。

野生のカンガルーたちが何十匹もたたずんでいる場面や、いくつもの滝を見たり、樹齢が何百年の木を見たりもしました。

ユーカリの木がダムに沈んでもなお生きているところ、街中ですら出会える野鳥たちといった、数えきれないほどの自然体験をしました。

オーストラリアのどこに行っても水辺にはカモメがいるというほどカモメに出会いました。
オーストラリアで最も写真を撮った回数が多いのは、カモメでした。

日本で生まれて日本で育った日本人の私からすると、オーストラリアは、スケールが大きい壮大な自然の宝庫でした。

オーストラリアの旅を胸に刻む

私がオーストラリアで過ごした12週間は、人生のかけがえのない時になるでしょう。

ここ30年間に出会った野鳥の数は、圧倒的にこの12週間が最も多いです。
こんなにもたくさんの大きな木を見たこともありませんでした。

スーパーに行けば、野菜や果物の自給率の高さに圧倒されました。

ただオーストラリアで過ごす時間さえ、貴重な体験でした。
私ってまだまだ何も知らない。無知であることを改めて実感した旅でした。

\もっとオーストラリアのひとり旅/

オーストラリア

オーストラリアの人気記事

DiDiアプリ使い方と乗車のレビュー
≫≫オーストラリアのDiDiアプリ使い方と、ブリスベンで乗車したレビュー

物価が高いオーストラリアは自炊して節約
≫≫オーストラリアで自炊のコツ!スーパーとおすすめ食材や料理

海がこれほどまでに美しいなんて
≫≫オーストラリアで本当に感動した壮大な絶景!ベスト5